WEB予約 電話する アクセス
いしかわデンタルクリニック

NEWS

2024.05.10

歯医者の定期検診、どれくらいの頻度がベスト?歯の健康を守るために知っておきたいこと

歯医者の定期検診って、実際どれくらい行けばいいの?

歯医者での定期検診は、虫歯や歯周病を未然に防ぐ最強の武器です。でも、「定期検診の頻度ってどのくらいがいいの?」と疑問に思う方も多いはず。実は、お口の健康状態によって最適な頻度は変わってきます。今回は、あなたの歯の健康を長持ちさせるために、歯科定期検診のおすすめ頻度について解説します。

 

・一般的なクリーニングの頻度

歯医者での一般的なクリーニングは、理想的には3か月に1回がおすすめです。定期的にクリーニングを受けることで、歯周病菌や虫歯菌の数を効果的に減少させることができます。しかし、完全にゼロにすることは難しいため、家庭でのしっかりとしたブラッシングと合わせて、2~3ヶ月に1回のクリーニングが理想とされています。

 

・セルフケアが難しい方のための頻度

セルフケアがなかなか上手くいかない方や、既に歯周病が進行している方は、1~2か月ごとのクリーニングが望ましいです。歯周ポケットが深くなると、普通の歯ブラシでは届きにくくなるため、専門的なクリーニングでしっかりケアする必要があります。

 

・歯並びが悪い方や喫煙者へのアドバイス

歯並びが悪い方やタバコを吸う方も、歯と歯の間に汚れが溜まりやすく、虫歯や歯周病のリスクが高くなります。これらの方は、1~2か月に1回のクリーニングを受けることをおすすめします。

 

・セルフケアが得意な方でも注意が必要

セルフケアが得意で、お口の中の状態が良好な方でも、半年に1度は歯医者での検診とクリーニングを受けることが推奨されています。どんなに上手に歯を磨いていても、歯と歯の間に歯垢が残っていたり、見落としがあるかもしれません。定期的なプロのチェックで、より良い口内環境を保ちましょう。

 

・なぜ年に1回の検診ではダメなの?

「健康診断を年に1回受けているから、歯医者もそれでいいのでは?」と思うかもしれませんが、残念ながらそれでは不十分です。虫歯や歯周病は進行が早いため、3ヶ月ごとの検診が理想です。早期発見、早期治療によって、痛みや大きな治療を避けることができます。

 

まとめ:健康な歯は定期検診から

歯科の定期検診は、単に病気を治すためだけでなく、これからの健康を守るためにも重要です。あなたのライフスタイルや歯の状態に合わせて、適切な検診頻度を見つけて、長く健康な歯を保ちましょう。次の検診は、もう予約しましたか?